FC2ブログ

土と水と風。そして火。

Index

201: あやとり

過去という未来未来という過去絡みあった想

  •  0
  •  -

200: 風信

梅雨が明けたばかりだが、秋が待ち遠しくて

  •  2
  •  -

199: 他私

通り過ぎた時間の中で熱い想いに出逢う。記

  •  0
  •  -

198: 漂流

流れる身体の中を時が流れるいのちの記憶を

  •  0
  •  -

197: 感応

雨に濡れ想に濡れ光を感じる

  •  2
  •  -

196: 伝言

空から声が落ちてくる。希望という名の風に

  •  4
  •  -

195: 風信

そろそろ梅雨の季節。少しでも爽やかにと、

  •  0
  •  -

194: 消想

むせ返るような新緑のなかすべての想いを道

  •  4
  •  -

193: 精霊

夢のなかを想いが流れていく。見知らぬ私に

  •  0
  •  -

192: 新しいカタチ

ニャンコの新バージョン。デカデカ頭のこけ

  •  0
  •  -

191: 時の堆積

桜の花を観るたびに想う。何を受け取るか?

  •  2
  •  -

190: ニャンコのひとこと

夢は希望を育てるこゝろの栄養だよ。

  •  2
  •  -

189: ひだまり

春のひかりにこゝろ抱きしめられて恋歌を口

  •  0
  •  -

188: 啓蟄

いのちが輝き開くぬくもりの中新しい笑顔が

  •  0
  •  -

187: 風信

鉢皿が焼きあがりました。まるでミクロの世

  •  0
  •  -

186: ニャンコのひとこと

こゝろが冷えたら手を繋ごう。

  •  0
  •  -

185: ニャンコのひとこと

時には未来の自分にラブレターを書いてみよ

  •  2
  •  -

184: 風信

庭の桜や桃の芽がふくらんできた。ほんの少

  •  0
  •  -

183: 風信

掌に小さな春がひとつ。

  •  0
  •  -

182: 風信

ぐい飲みを造る。掌にスッポリ収まる程の小

  •  0
  •  -

181: 風信

カップソーサーにも使える小皿を造ってみま

  •  0
  •  -

180: 念我

想いを重ね時を越えてもうひとりの私が導く

  •  0
  •  -

179: 風信

ヒョウ柄もどきの鉢皿です。

  •  0
  •  -

178: 風信

クリスマスから年始にかけてちょっと華やか

  •  0
  •  -

177: ニャンコのひとこと

いのちのあたたかさに触れると、こゝろがま

  •  0
  •  -

176: 風信

寒くなってきた。まあるいカップでひと休み

  •  0
  •  -

175: ころころニャンコ

河原の石ころに猫の絵を描いてみた。

  •  2
  •  -

174: 私形

水は光光は水ゆれてゆれて私という器に染み

  •  0
  •  -

173: こゝろのカタチ

花が咲くようにこゝろに花が咲くようにそん

  •  4
  •  -

172: ニャンコのひとこと

やさしく触れ合うためにこゝろを笑顔と青空

  •  0
  •  -

171: どこ?どこ?

私の道はどこにあるのか?この道はどこに続

  •  0
  •  -

170: 風信

コースターにも使える小皿を造ってみました

  •  0
  •  -

169: 夢を見る

飛ぶ事を想像する。あるいは、空を飛ぶこゝ

  •  0
  •  -

168: 風信

台風の進路が気になりますが明日は京都、明

  •  0
  •  -

167:

林の中に歌声が響く見えないモノと見えるモ

  •  2
  •  -

166: 休息

夏から秋へ。ビールから日本酒へ。(呑兵衛

  •  0
  •  -

165: ニャンコのひとこと

何があっても、自分のこゝろを手放してはい

  •  0
  •  -

164: 彩彩

いろいろな小皿が焼き上がった。こうして並

  •  0
  •  -

163: 軒忍

己の居場所を知るモノは美しい。そして、己

  •  0
  •  -

162: ご招待

招き猫を造ってみた。あまりご利益はなさそ

  •  2
  •  -

161: そろそろ

梅雨入り間近。ちょっぴり涼しげな器が焼き

  •  0
  •  -

160: 緩やかな時間

里山の集落を抜けて峠を登りきると小さな古

  •  2
  •  -

159: 春の彩り

野に咲くタンポポのように、食卓に笑顔の彩

  •  2
  •  -

158: ニャンコのひとこと

ほら、笑って。笑顔でいると、こゝろがあっ

  •  0
  •  -

157: 夢見

3月になって、光に風に、やっとぬくもりを

  •  0
  •  -

156: 適材適所

磁器土を炭化焼成してみた。結果は当たり前

  •  0
  •  -

155: 待つ日々

春の温かさが待ちきれなくてカップに花を咲

  •  0
  •  -

154: 燃志

こゝろが光り始める想いの明日に笑顔が届く

  •  0
  •  -

153: 一歩一歩

本年、最後の窯だし。未だに、すべてをコン

  •  0
  •  -

152: 初陣

昨日は手づくり市in松阪ベルファームに出店

  •  2
  •  -

151: 微動

やっと、窯に火を入れる事が出来ました。芯

  •  2
  •  -

150: 在形

命はいつでも美しい。ただそこに在るだけで

  •  0
  •  -

149: ボンヤリ空間

引越から2ヶ月。やっと、やっと、やっと、

  •  2
  •  -

148: こゝろの故郷

城下町を歩く。灯があった。ふるさとに還っ

  •  0
  •  -

147: 神の月

引越をしてから一ヶ月あまりが過ぎて、やっ

  •  2
  •  -

146: 訪問者

相変わらず、引越整理に振り回されている毎

  •  2
  •  -

145: 居場所

古い家に移転。ここが私の新しい居場所。し

  •  2
  •  -

144: 溜まり

もう一度、抱きしめたくて零れた想いを拾い

  •  0
  •  -

143: 始動

伝えていく事与えていく事そして受け取るも

  •  0
  •  -

142: 求日

光の花が咲く。見知らぬ今日の新しい朝に。

  •  0
  •  -

141: 転季

掌にほんのりと春の温もり。風の色が変わる

  •  2
  •  -

140: 想形

明日を想像する。昨日を想像する。それは幻

  •  0
  •  -

139: 静始

黒い器が好きだが、時には白い器も良い。到

  •  0
  •  -

138: 心燃

こゝろ燃ゆるいのちとの出逢いそんな居場所

  •  2
  •  -

137:

夢のなかに光が見えた。時の幸を願う。※Mer

  •  0
  •  -

136: ぬくもり

今年も残りわずかとなったこの時期は、街中

  •  2
  •  -

135: 想定外

すべてのものには原因が在り、必然的に結果

  •  0
  •  -

134: 記憶

ぐるぐる回ってお皿になった。とんぼ(寸法

  •  0
  •  -

133: 休息

限りない欲望に苛つ日々。ちょっと一息。黒

  •  0
  •  -

132: 心彩

私のこゝろは何色だろう?明日は何色に染ま

  •  0
  •  0

131: ニャンコのひとこと

あれ〜え。宝物って、いつでも自分のなかに

  •  0
  •  -

130:

指先に伝わる想いを記憶する。想いは未来を

  •  0
  •  -

129: 途中

寄り添うように語りかけるようにぬくもりの

  •  2
  •  -

128: はじまりとおわり

雫の形をして白く染まり、ほんのりとひかり

  •  2
  •  -

127: 冷えた温もり

想像してみる。冷たい酒の一滴が、体の中に

  •  0
  •  -

126: ふたたび飯碗

未熟であることを楽しみながら、時の堆積の

  •  0
  •  -

125: 飯碗

使いたいモノと使えるモノの差は何だろう。

  •  2
  •  -

124: これなに?

茶碗を造ろうと思っていたのだが、サイズを

  •  2
  •  -

123: 初焼成

2016年、初焼成はやはり珈琲カップから。掌

  •  0
  •  -

122: 創旬

時は流れていくけれど自らのいのちの旬は自

  •  0
  •  -

121: ニャンコのひとこと

へんし〜ん。自分を見失わないためには、た

  •  2
  •  -

120: ニャンコのひとこと

ワクワク。ドキドキ。ほら、笑顔がひとつ増

  •  2
  •  -

119: ホッとする焼き〆

寒くなってきました。星空を眺めながら、ホ

  •  4
  •  -

118: 天の邪鬼

最近、磁器土の器作りが増えています。透明

  •  0
  •  -

117: 藍色のおもいで

窓辺で飲む珈琲は、もうすっかり秋の味がす

  •  2
  •  -

116: 桜ではなく桃

ここ最近、試行錯誤しながら桃色を追い求め

  •  2
  •  -

115: 雫のように

先日、遊んでみた釉薬の雫にちょっぴり変化

  •  2
  •  -

114: 小さな星空

星空をみあげて、こゝろ穏やかに静かに満た

  •  4
  •  -

113: ニャンニャン

暑いですねえ。どうも最近、思うように焼け

  •  2
  •  -

112:

道。路。未知。自分の歩いてきた道。自分の

  •  0
  •  -

111: 遊んでみました

いままで使っていた白土がロットの違いなの

  •  2
  •  -

110: 悩む

昨年、蓮の種を植えた睡蓮鉢でメダカを飼育

  •  4
  •  -

109: 花器

慌ただしく過ぎ去った春を惜しんで連休に焼

  •  4
  •  -

108: 茶碗

自分用の器を造る時は、釉薬にマイブームみ

  •  2
  •  -

107: 平皿

一度、本焼きしたものを、気に入らなくても

  •  4
  •  -

106: 流感

こゝろの流れを感じ時の流れを感じ想いの流

  •  2
  •  -

105: 珈琲カップ

珈琲好きの私は時折、マイカップを造り替え

  •  2
  •  -

104: はるむかえ

まだまだ寒い日が続きますが、春の風がそっ

  •  2
  •  -

103: ぐい呑み

2015年、最初のお気に入りです。底の銀色の

  •  2
  •  -

102: 相旬

人に出逢い、自我に出逢い、いのちに出逢い

  •  2
  •  -

101: 笑顔の日

Merry Christmas。悲しみも喜びも、淋しさ

  •  2
  •  -

100: 茶碗

ちょっと大きめのお茶碗で元気モリモリ。寒

  •  2
  •  -

99: 湯呑み

相変わらずの湯呑みです。釉薬の焼成テスト

  •  4
  •  -

98: 自画自賛

毎度おなじみの釉薬で、正月用のぐい飲みを

  •  2
  •  -

97: 連心

時は止まることなく流れ続ける。絶え間ない

  •  4
  •  -

96: 失敗が成功になる

先日、依頼されていた珈琲カップを造る。私

  •  4
  •  -

95: 試行錯誤

時々、天の邪鬼になって、従来の方法を変え

  •  4
  •  -

94: ライバル

先日、とっくり蜂の巣を見つけ、その造形の

  •  2
  •  -

93: 湯呑み

未だ火の流れをコントロールできないが、焼

  •  4
  •  -

92: 湯呑み

久しぶりの白い器。なかなか良いものだ。少

  •  2
  •  -

91: ニャンコのひとこと

笑顔には?ではなく!が必要だよ。

  •  4
  •  -

90: 湯呑み

久しぶりに大道土の焼き〆をしてみた。女性

  •  2
  •  -

89: 百笑

喜びも怒りも、悲しみも楽しさもいつでもぬ

  •  0
  •  -

88: 茶碗

人と人との出逢いのように、ふたつの釉薬が

  •  2
  •  -

87: ティーポット

小さな小さなティーポットを造ってみた。眠

  •  2
  •  -

86: 求心

こゝろが求めるもの。求めるこゝろのかたち

  •  2
  •  -

85: 湯呑み

黒い器がすきだ。空間を吸収するように輝く

  •  6
  •  -

84: ニャンコのひとこと

ゆっくり心呼吸。ほらっ希望が見えた。

  •  8
  •  -

83: 土と釉の一体化

飾るでもなく守るでもなく、ふたつの個が融

  •  2
  •  -

82: 心撚

すべての想いをすべての出逢いを糸を撚るよ

  •  0
  •  -

81: 珈琲カップ

暗中模索中の息抜きに絵を描いて遊んでみる

  •  8
  •  -

80: 小鉢

自分なりの焼き方で季節を感じられる器を造

  •  6
  •  -

79: ニャンコのひとこと

今できることをひとつひとつ、シンプルに形

  •  4
  •  -

78: ニャンコのひとこと

笑顔はこゝろの距離を近くするよ。

  •  2
  •  -

77: 湯呑み

昨日、アップした湯呑みの色違いです。自身

  •  2
  •  -

76: 湯呑み

なぜか最近の私は欲張りです。喜びよりも悔

  •  4
  •  -

75: 想跡

想いの跡をたどる過ぎ去った時を取り戻そう

  •  0
  •  -

74: ニャンコのひとこと

身体にもこゝろにも、時には休日というプレ

  •  4
  •  -

73: 湯呑み

融合した新しい景色。※信楽白土/織部釉、

  •  6
  •  -

72:

私は何を忘れたのか。何を忘れたかったのか

  •  2
  •  -

71: ニャンコのひとこと

見えない明日を諦めたら、幸福の花は咲かな

  •  4
  •  -

70: ニャンコのひとこと

振り返り、迷い続けても、笑顔が希望の種で

  •  4
  •  -

69: 我生

個々それぞれに与えられたいのちはひとつひ

  •  2
  •  -

68: ニャンコのひとこと

大丈夫。明日もきっと笑顔が待っているよ。

  •  4
  •  -

67: 交心

こゝろが交わる一瞬がある。こゝろの核に向

  •  4
  •  -

66: ニャンコのひとこと

ほら、空のように繋がっているよ。

  •  6
  •  -

65: ニャンコのひとこと

想いを笑顔で育てたら夢も現もなく、こゝろ

  •  2
  •  -

64: 必生

ひとつの生命には始まりがあり、そして終わ

  •  6
  •  -

63: ニャンコのひとこと

笑顔があれば、どれもみな、おいしい人生。

  •  2
  •  -

62: 想旬

時を想う土のように水のようにそして風のよ

  •  12
  •  -

61: ニャンコのひとこと

誰もが、たくさんの始めてを所有している。

  •  4
  •  -

60: 産季

ひとつの季節が産まれてくるいのちの鼓動が

  •  6
  •  -

59: ニャンコのひとこと

今日も自分に笑顔を届けてあげようね。

  •  10
  •  -

58: ニャンコのひとこと

ホラッ。今日も不思議がいっぱい。

  •  12
  •  -

57: 感応

想いを見る沈黙を聞く距離に触れ時を味わう

  •  2
  •  -

56: ニャンコのひとこと

いま在る事に、ありがとうって伝えたいな。

  •  12
  •  -

55: 心の蕾

新しい生命がひとつ確かな夢が満ちる小さな

  •  10
  •  -

54: ニャンコのひとこと

今、この瞬間だからこそ、伝えられるもの繋

  •  12
  •  -

53: 我笑

こゝろの中にいつでもいつまでも強く、しな

  •  4
  •  -

52: ニャンコのひとこと

手を繋ごう。ほら、夢が繋がったよ。

  •  4
  •  -

51: ニャンコのひとこと

ほら、笑って。誰もが幸福の種を持っている

  •  14
  •  -

50:

出逢いは音楽こゝろとこゝろが共鳴しもうひ

  •  2
  •  -

49: ニャンコのひとこと

ふたつの想いがつながって、こゝろがほんわ

  •  4
  •  -

48:

遠くをのぞみ、ないものを求め、探す。望と

  •  2
  •  -

47: ニャンコのひとこと

あ、空が笑った。こゝろの貯金箱に笑顔がま

  •  6
  •  -

46: 求心

深くより深く自身の中心に向かって芯に向か

  •  10
  •  -

45: 素心

こゝろを飾らないこと。怒りや喜びで、悲し

  •  14
  •  -

44: ニャンコのひとこと

伝えていこうよ。離れていても想いは届くよ

  •  4
  •  -

43:

いのちといのちが出逢う時、共鳴し響き合う

  •  6
  •  -

42: ニャンコのひとこと

見えない幸せも、見える幸せも、同じ幸せだ

  •  14
  •  -

41:

夢や目標は、強く念じ、そして宣言すれば必

  •  16
  •  -

40: ニャンコのひとこと

想像してください。こゝろの自由を。

  •  6
  •  -

39: 写心

水鏡のように、こゝろがこゝろを写すように

  •  6
  •  -

38: ニャンコのひとこと

大丈夫。迷子になったら戻っておいで。※最

  •  18
  •  -

37: お知らせ

今回、私が管理人をしている、手づくりマー

  •  2
  •  -

35:

道半ば立ち止まり空を見上げればそこにまた

  •  12
  •  -

34: 認点

自身を起点として認知している距離の中に、

  •  4
  •  -

33: 結心

繋がるこゝろ、結ばれるこゝろ、それは出逢

  •  10
  •  -

32: 気憶

想いがこゝろに残るとしたら書く事で記憶す

  •  4
  •  -

31: 想瞬

自然の想いを、いのちの想いを、受け止める

  •  2
  •  -

30: おめでとうございます

新しい時の新しい笑顔に乾杯。

  •  6
  •  -

29: ニャンコのひとこと

あなた自身も知らないあなたのやさしさにつ

  •  4
  •  -

28: 倣技

自然を手本として模倣する技術は、いのちの

  •  4
  •  -

27: ニャンコのひとこと

寒いねー。こゝろあたためて。

  •  6
  •  -

26: 旬風

時の流れを象徴する風には、追い風、順風、

  •  4
  •  -

25: ニャンコのひとこと

ほら、こゝろの中の素敵を探してみようよ。

  •  2
  •  -

24: 想味

想いの味のさじ加減ひとつで伝わる想いも伝

  •  2
  •  -

23: ニャンコのひとこと

たったひとつの命だからもっともっと自分を

  •  9
  •  -

22: 心の種

産まれたという事、生きているという事、

  •  2
  •  -

21: 未始

始まりはひとつではない。いつでも誰にとっ

  •  0
  •  -

20: ニャンコのひとこと

ほら、また新しい私が産まれたよ。

  •  0
  •  -

19: ニャンコのひとこと

こゝろとこゝろを繋げてみようよ。恥ずかし

  •  0
  •  -

18: 変力

自身も含め、世界は常に変化している。しか

  •  4
  •  -

17:

ほら、こゝろが風邪ひくよ。ギュッと抱きし

  •  2
  •  -

16: 心動

こゝろが動くその瞬間を大切に 何に、こゝ

  •  4
  •  -

15: ニャンコのひとこと

一緒に散歩でもしませんか?

  •  2
  •  -

14: 時感

ひとつの時が終わりひとつの時が始まるその

  •  2
  •  -

13: ニャンコのひとこと

ほら。明日が待ってるよ。

  •  1
  •  -

12: ニャンコのひとこと

今日、風と握手したよ

  •  6
  •  -

11: 歩心

急がないで、慌てないで、ゆっくりと自分の

  •  0
  •  -

10: ニャンコのひとこと

笑顔のお替わりしたら、見えないやさしさが

  •  2
  •  -

9: 思季

季節を知り、こゝろに感じ、季節に応えるこ

  •  0
  •  -

8: ニャンコのひとこと

いつも一緒だよ。こゝろの中にいるよ。■委

  •  0
  •  -

7: 交感

「私」と「私でないもの」の境界を越えて

  •  4
  •  -

6: ニャンコのひとこと

もしもし、夢が落ちましたよ

  •  0
  •  -

5: 未幸

明日の幸と出逢うために今日の幸と仲良くし

  •  0
  •  -

4: ニャンコのひとこと

ねえ。私も連れてって。■委託販売先(売切

  •  0
  •  -

3: 求生

もっともっとと求めるこゝろが満たされるこ

  •  0
  •  -

2: ニャンコのひとこと

明日を抱きしめたいな■委託販売先(売切時

  •  2
  •  -

1: ニャンコのひとこと

愛に酔っちゃった。■委託販売先(売切時ご

  •  2
  •  0